最新NEWS

2020.11.18

今回はホワイトニングについてお話しようと思います。

今回はホワイトニングについてお話しようと思います。

こんにちは。歯科衛生士のKです。
今回はホワイトニングについてお話しようと思います。

ホワイトニングとは
簡単に言うと歯を漂白させて白くする方法です。
大きく分けると2つの方法があります。

1つ目はオフィスホワイトニングという、院内で1時間半から2時間ほどで歯を白くする方法です。
2つ目はホームホワイトニングという、自宅にてマウスピースを用い歯を白くする方法です。

一番効果的なのはこれらをどちらも行う、デュアルホワイトニングという方法で、短期間で歯を白くすることができます。

ここでひとつの症例を紹介します。

オフィスホワイトニング

こちらの患者さまは結婚式の前撮りがある為、オフィスホワイトニングを施術されました!✨

この方のように何日までに白くしたい!など、希望日まであまり日数がない場合にはオフィスホワイトニングがオススメです!🦷✨

撮影環境など変えていません!
どちらも同じ環境下で撮影しておりますが
1度でここまで白くすることができました!

白くなったことに喜ばれていて、結婚式の日までさらに白くさせたいとのことで、ホームホワイトニングへ以降することとなりました☺️

続いての症例です。

デュアルホワイトニング

こちらの患者さんは歯の色を気にされており来院されました。

元々の色味が少し強かったこと、学生さんで予算があったこと、これからも継続的に白さを保ちたいとのことで、オフィスホワイトニング後にホームホワイトニングを続けて行う、デュアルホワイトニングを提案させて頂きました。☺️

オフィスホワイトニング後と、ホームホワイトニング1週間経過の写真では、色味が均一になっていますね。

ホームホワイトニングの強みは、歯をじわじわと白くしていくので仕上がりがとても均一な色になることです!

2週間ワンセットですが、途中の1週間でこの均一の白さ!!
とても真面目にホワイトニングに取り組まれていた事でしょう。

ここまでトーンアップするとお顔の印象も随分変わります。

ホワイトニングされてお悩みを解消されたことにより
とても笑顔で喜ばれておりました☺️
白い歯が輝いていました✨✨

そんな姿をみて、私もすごく嬉しかったです♪

ホワイトニングと聞くと時間がかかる、歯がしみる、値段にバラつきがありどこの医院を選べばいいかわからない、など患者さんから聞いたことがあります。

  • オフィスホワイトニングの場合

クリーニング後に1時間半~2時間で
憧れの白さを手に入れることが出来ます。

  • ホームホワイトニングの場合

iteroスキャナーにて歯をスキャンさせて頂き(5分程)
その後3Dプリンターで模型を作成。
ホワイトニング用マウスピーストレーを作成(4時間程)あとは、ホワイトニング剤をお渡ししますので、1日でホワイトニングを始めることが出来ますよ!😇

(今までは始めるのに2週間ほどお日にちを頂いていました💦)
今すぐ始めたいという方にオススメですね!

また、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違いや、互いのメリットデメリットについてなど、
詳しいお話が気になる場合はお電話頂ければとおもいます。

憧れの白い歯はすぐに実現できます!!

就活中の方々、営業のお仕事の方々、また美容に興味のある方、ご自身の歯にコンプレックスのある方等様々な人にぜひご体験頂きたいです!

歯の色が変わるとお顔の印象が変わりますよ☺️
明るく見えますね🦷✨

特にこのコロナ禍、おうち時間も上手く活用していきましょう!!

例えば読書中、入浴中、筋トレ中の間に
ホワイトニング剤を注入しマウスピースをはめれば
『ながらホワイトニング』できちゃいますね☺️

歯がしみることがデメリットかもしれませんが、
私は知覚過敏専用の歯磨剤を取り入れることにより
解消できました!

値段の差はある程度あると思いますが、
オフィスホワイトニングについては技術を必要とする施術です。
誰がやっても機械のように同じクオリティにはなりません。

費用というより症例を見て決めて頂いた方が納得できる結果が得られると私は考えます!

当院は、

  • オフィスホワイトニング 3万円+税
  • ホームホワイトニング 3万円+税
  • デュアルホワイトニング 5万円+税

となっています。

それぞれの患者さんにあった施術方法を提案させて頂きますので、ご相談ください。
ご予算にあったプランをたてて一緒に綺麗にしていきましょう✨

それでは!!
ありがとうございました😌

初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 地域連携室(訪問歯科) 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ