最新NEWS

2019.04.27

慌ただしい月末

ゴールデンウィークを直前に控えたこの日、小室歯科近鉄あべのハルカス診療所は、非常に慌ただしい1日となりました。

毎月、月末ともなると、慌ただしく診療することが多くなるのですが、今月は、ゴールデンウィーク直前とあって、特に多くの患者さんがおいでになり、治療や応急処置をさせて頂きました。
夕方になると、当院のホームページ用の写真撮影を行ったり、ミーティングをしたりと、非常に密度の濃い月末となりました。

加えて、衛生士、歯科助手向けには、近日導入した新しいアポイントシステムのさらに高度な活用を目的とした業者さんを交えてのミーティングを行いました。本年は、このシステムを使い、夏前を目標に、通院される患者さんにとってより便利なサービスを展開していく予定ですので、ご期待いただければと思います。そのための準備活動を、夏にかけて院内でも行って参りますので、どうぞご協力のほどよろしくお願い申し上げます。また、本年は秋に向けて、院内のレントゲンシステムやカルテのシステムなどを、大幅に入れ替えていく予定です。これも、院内的にも、患者さんにも、大きなメリットとなる改善となりますので、どうかご期待いただければと思います。患者さんとの過去の出来事、購入履歴などが、より管理しやすくなり、よりきめ細かいサービスを提供できるものと確信しておりますし、受付業務をスムーズとなり、よりお待たせする時間が少なくなることを期待しております。

ドクターは、毎月恒例の勉強会を場所を移して行い、今月は、ご高齢や、手術後で、非常にものを噛みつぶすことが難しい患者さんへ向けてのいわゆるやわらか食についての案内をいただきました。やわらか食に関しては、硬いものを食べにくい、インプラントの手術後や、訪問診療において大変有用な食材だと思われました。また、高齢者の食事と、オーラルフレイルなど全身疾患の関係について、株式会社クリニコと言う、森永乳業の子会社の方に、非常に詳しく説明いただき、これからの高齢者社会に向けての、知識のブラッシュアップに非常に役立ちました。今後、当院でも、外来だけでなく、老健施設や、居宅介護事務所、病院、薬局など、幅広い連携をとりつつ、高齢者歯科に取り組んでいきたいと思っております。その取り組みについての、新しい視座をいただきました。今回の食材については、ぜひ当院でも導入しようと思いますので、お気軽にご相談いただければとも思います。

勉強会終了後は、新しい研修医の先生や、若手の先生方の有志で、軽く食事会をして締めました。
もうすぐゴールデンウィークですが、当院はシフトを組むことにより、期間中も応急対応はできるようにしております。通院中の患者様がメインですので、お待たせすることもあるかと思いますが、お困りの方はご連絡いただければ幸いです。