最新NEWS

2020.01.06

患者さんと、治療のゴールを共有することの大切さ

あべのハルカス小室歯科では、治療においては、”最先端医療をホームドクター的な温かみで提供する”、をモットーに、インプラント、矯正、デジタル歯科(セラミック)には重点を置いております。 これらの治療は、当院ではそれぞれ専門資格を持った先生方が、専門的な治療を行える体制を整えておりますが、治療が専門的であればあるほど、患者さんの望まれる治療のゴールと、我々が提供したい治療のゴールにズレがあると、ご満足いただけいけないケースが多くあると感じています。例えば、二人の人が同じ山に登りましょうという話があった時に、一方は、五合目まで、もう一人は頂上までを想定しており、その考え方のずれがスタートしてからわかったとすれば、きっと揉め事になると思います。揉め事とまでは行かないまでも、時に歯科治療でもあることですし、何よりゴールが明快な方が患者さんとしてもモチベーションが上がるでしょう。 そこで、昨年は、患者さんと治療のゴールを共有するためのソフトをたくさん導入いたしました。まずは、インプラントの分析をするためのシュミレーションソフトです。これまで使用していたシンプラントと言うソフトをバージョンアップし、また夏にボストンにおいて研修したdetiq guideと言うソフトも導入いたしました。これにより、当院で、技工士の力も借りながらお口の中の歯型のデータや、イントラオーラルスキャナによる歯を直接スキャンしたデータを、CTのデータと重ね合わせ、口の形と、骨の中の形を、総合的に分析し、最終的なかぶせ物の形までシュミレーションすることが出来るようになりました。これらの事はこれまでも行っていたことですが、すべて自前で行うことにより、より手軽に、より素早く、より正確に患者さんにシュミレーションをお見せすることができるようになりました。現在では、ほぼ全例においてシミュレーションによる分析を行う体制ができております。 また、歯列矯正の分野においても、ドルフィンと言う分析ソフトを導入し、歯並び矯正の最終的な歯並びの状態を分析できるようになりました。このソフトは、アメリカではシェアナンバーワンの非常に定評のあるソフトで、また当院の協力医の先生が普段診療されている大阪大学でも使用しているソフトですので、データ共有も非常にスムーズになりました。また、アライナー矯正では、インビザラインを使用しております。このシステムは、あらかじめ一定のゴールをコンピューター上で患者さんと相談し、それに合ったマウスピースができてくると言うシステムになっています。 インプラントにせよ、歯列矯正にせよ、これらのソフトに共通する事は、単にシュミレーションするにとどまらず、当院で昨年導入したセラミルなどを組み合わせることによって、最終的なサージカルガイドや、インプラントの被せ物に、シュミレーションの状態を正確に反映できることができるという点です。つまり、患者さんとの事前の相談が、単なる絵に描いた餅、に終わることなくできる限り実現すると言うことです。 当院の得意とするデジタル診療を使うと、このように患者さんとゴールを共有し治療結果を予想することができることになります。もちろん、完全にシュミレーション通りにならない場合もありますが、シュミレーションをせずに治療を行う事は、先ほどの例でいうと、山登りをするときに、頂上も分からずに登り始めるようなもので、少なくてもある程度のゴールがわかることによって、自社にとっても、患者さんにとっても、安心感も満足度も上がるのではないかと思っています。 本年度は、歯並び矯正やインプラントにとどまらず、その他の分野においてもシュミレーションがより精密にできるような状況を作り上げるべく、デジタル歯科分野においては充実させていくつもりですので、引き続き研鑽を忘れず、患者様により良い、診療を提供していきたいと思っております。
初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 地域連携室(訪問歯科) 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ