最新NEWS

2022.05.09

関西テレビ「報道ランナー」取材

こんにちは!
阿倍野区天王寺にある、小室歯科・矯正歯科近鉄あべのハルカス診療所です!(^^

皆様GWいかがでしたか⁇

わたしはBBQをしたり、すごく久しぶりにユニバーサルスタジオジャパンへ行ってきました!!めちゃくちゃ楽しみました(笑)

そこでついつい職業病を発揮してしまい、マスクをしていない状況では人の口元ばかり見てしまうのですが、今はコロナ禍ということもあり、当院ではマスク生活でのコミュニケーションということで「笑目」について学んでおります!

そのせいで人一倍、目を見てしまいます(笑)やはり今は目元に注目してしまいますよね。
やはりUSJのスタッフの皆様は最高の笑目でした。さすが人を楽しませるプロです☆彡

逆にマスクを外した際に、より口元に目線が行くようになっているので歯列矯正ホワイトニングなどが、今のうちだ!!という感じで人気で皆様の歯への意識が高まっているのですごく嬉しく思います!

そして、研修を行って頂いている講師の先生を取材する一環として、研修風景を関西テレビ報道ランナーで取り上げていただきました!!

是非こちらの動画をご覧ください!当院は7分22秒からです

笑目とは、、、

「あなたのことを拒絶していません」「受け入れています」というポジティブなイメージを言葉を使わずに相手に伝えることが出来るコミュニケーションツールです。

私生活で知らない人から道を聞かれたり声を掛けられる事が多いかたは、目の表情から親しみやすさが滲み出ているかもしれません。すごく素敵なことです(^^

「目は口ほどにものを言う」ということわざがありますが、本当にその通りだと思います。マスク生活になって改めて実感致しました。

例えば、病院の受付や定員さんで声は高く仕事も丁寧。でも目が笑っていない人って多くないですか?

そういった方に患者様やお客様は声をかけずらい印象を持たれてしまうようです。
丁寧に質問などに答えてくれたとしても目が笑っていなければ、少し怖い印象だったり、愛想笑いか~とか考えてしまいますよね。

そして日本人は特に目からの感情を読み取ろうとする習性があるので、喜怒哀楽や眠そう、だるそう、優しそう、などを瞬時に読み取ってしまいます。

昔から外人さんは口での感情を表し、日本人は目で感情を表すと言われいます。
確かに、女性がスッピンでお化粧をしていないとき、日本人はマスクで口隠し、海外の方はサングラスで目元を隠します。

さらに(^^)こういった顔文字も、海外では(‘v’)こんな感じで目は点で変わらず、口を変えるそうです。
そう考えると海外のほうが歯列矯正や歯への意識が高いことに納得できますよね。

こういったところで目からの感情表現はとても大切でその人の印象を大きく左右し、歯科医院のイメージにも大きくかかわると考えております。
患者さまが安心して来院し治療を受けていただけるよう、笑目を意識していければと思います。

現代ではコロナ禍でさらに受付やレジなど様々なところでIT化が進み、人と関わる機会がすごく減っていると皆さま感じているのではないでしょうか?

そういった中で当院に来ることを治療目的だけではなく、スタッフとの会話を楽しみにしてくださっている方がいらっしゃることは凄くありがたいことです。

歯科医院を歯の治療をする場所ではなく、大切な歯を守るための生活の一部としてお気軽に来ていただきたいとおもいます。

歯のクリーニングをして、スタッフと世間話をして、お口も気分も晴れたら最高ですよね!(^^
そして皆様の最後のワンスプーンまでサポート出来ることを目指しております☺

今回の研修は薄田ジュリアキャスターと一緒に受けさせていただきとても貴重なお時間でした。
講師の松澤萬紀先生、関西テレビ報道ランナースタッフの方々にも感謝しております。

ありがとうございました。

LINE情報 小室歯科オリジナル分割払い 初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 地域連携室(訪問歯科) 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ