最新NEWS

2019.10.22

歯のホワイトニングの魅力とは?人気の理由についてご紹介

先日のブログで、小室歯科近鉄あべのハルカス診療所の小室暁理事長が、審美歯科の話を近鉄文化サロンで行ったことをお話しいたしました。また、そこでお話ししたコンテンツの中で、ホワイトニングの話が1番質問が多かった、つまり皆さんが興味をお持ちの内容であったと言うことをお話しいたしました。

ホワイトニングが、セラミック治療や、歯並び矯正より興味があったのか、その理由を考えてみました。やはり、ホワイトニングは、審美歯科の中でも1番費用が安く、期間も短く、歯も削らないと言う、つまり1番手軽に導入できる治療であると言うことが大きいのではないかと思いました。

ホワイトニングは、オフィスホワイトニングと言う、診療室の中で約2時間ほどで終了するホワイトニングは、医院で歯科医師や歯科衛生士の管理下で行うため、濃度が高いものを使います。また、ホームホワイトニングと言う、患者さんがご自宅でマウスピースの内側にホワイトニング剤を塗布してつけるタイプのものは、1日2時間程度の装着を、2週間から数ヶ月にわたって行うため、濃度が低めのものを使用します。

オフィスホワイトニングは、1日で終了し手軽なため、選択する方が多いですが、ホームホワイトニングは、ご自身のペースで、長い期間使用することでより白い色を得ることができる場合もあるためこちらの方を選択される方もおられます。このようにご自身のニーズに合わせてやり方を変えれるのもホワイトニングの大きな魅力かと思います。

講演後の質問では、歯がしみたりしないですかと言うものが多くありましたが、最近のホワイトニング剤は痛みを起こさないように非常に薬剤の配合に工夫を凝らしており、痛みを訴えられる患者さんはほぼいないと言える状態になっています。

このようにホワイトニングは手軽に行われる審美歯科として人気があるのですが、加えてホワイトニングをした患者様は、その他の銀歯を白くしたり、さらにホワイトニング希望されたりと、ご自身のご希望に合わせてどんどんその先の治療へ進まれる方も多いのも現実です。つまり審美歯科の入り口としても、非常に魅力のある治療法だと言えるのではないかと思っています。実際当院でも、ホワイトニング、矯正、セラミック治療全て行われる患者様も多数おられます。多くの場合、次々と歯が美しくなっていくにつれて患者様の表情も変わり、活発になれた気もして、医院として非常にやりがいを感じる瞬間でもあります。

ただ一点、ホワイトニングの弱点と言えるのは、ご自身が望まれている白さまで、必ずしも白くなるとは限らないと言う事はあります。また、一度ホワイトニングをしてもある程度後戻りしてくることもありますので、頻繁ではありませんが、1年に1度は再ホワイトニングをお勧めしたりもしています。もしかしたら、女性が髪にパーマをする感覚に近いかもしれません。

ホワイトニングの詳しい診療ステップや利点欠点については、ホームページにも記載されておりますのでご覧ください。また、審美歯科に関しては専用のホームページも開設しておりますので、あわせてご覧いただければ幸いです。