最新NEWS

2020.03.02

50代から多くなる歯のトラブルとは

本日は、50代の方に多いあのトラブルについてお話ししたいと思います。

50代は、40代と同じく、徐々に歯周病や、歯の欠損についてのトラブルが多くなってくる年代かと思われます。40代から検診等で歯科医院とお付き合いをしてくださっていた患者さんも、40代ごろには歯が動いているので、様子をみましょうといった対応になっていたが、急に動揺が激しくなり、ついに抜けてしまったといったようなことも出てくる年頃です。また、若い頃に治療した詰め物やかぶせものが、外れたり、その周りから虫歯になったりして、再治療も多くなってくるのがこの年齢かと思います。つまり、これまでもウィークポイントであったお口の部分のトラブルが、いよいよ重症化してくる時期でもあります。

また、社会人としても、家庭人としても、まだまだ忙しくされている年代でもあるため、ついつい治療を先延ばしして、治療をしなければいけない部分が、多く抱えたまま初診で来られる時期でもあります。

つまり、総じて、その歯だけではなく、お口全体を見据えた本格的な治療を必要とする患者さんが増える年代ともいえます。ついつい、トラブルのある部分だけで治療を済ましがちですが、長い目で見ると、お口全体を見据えた治療が必要なのです。このようなケースでは、治療の開始前にお口のレントゲンはもちろんのこと、写真や、場合によってはCTなども撮影し、患者さんとお口全体の治療計画をじっくりとお話しする時間を持ち、こ納得いただいてから治療するようにしています。最近では、写真やCTといったデジタルデータを分析ソフトにかけて、デジタル上で治療計画を説明できるようにもなってきています。

多くの場合、歯周病の治療から始まり、悪い虫歯を直したり、上下の歯にわたるかぶせ物の再製作や新規の治療、場合によっては歯を欠損した部分に、入れ歯やインプラントを適用する治療、さらには矯正治療など、当院の専門医が総出となって、チームで1人の患者さんを治療しなければいけないケースもあります。

治療としては時間や費用がかかる場合もありますが、日本人の平均寿命から考えますと、50代はまだまだ折り返しを過ぎてすぐの段階とも言えますので、今後を見据えて、お口の中も仕切り直し、といった感じでしっかりとした治療を望まれるケースも増えています。

もちろん50代の方になりましたら、高血圧や糖尿病など、全身的なご病気もお持ちの方も増えてきますので、そのような全身疾患も考えた上で、治療計画を立て、治療を遂行し、その後の衛生士によるメンテナンスへと移行していきます。

このように、50代ともなりますと、様々なトラブルがお口の中に発生して参りますが、当院ではインプラント矯正デジタル診療など、専門の資格を持った歯科医師が常駐しておりますので、総合力を生かして治療に当たりたいと思っています。また、お口の状態を整えることが、必ず全身の状態改善に繋がることが、論文でも証明されています。50代は、お口にと限らず、全身の健康に目がいき始める年代かと思いますが、 歯科医院は、その出発点であるということを、伝え続けたいと思っています。 

初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ