最新NEWS

2020.02.03

口呼吸は虫歯になりやすい?その理由とデメリットとは?

皆さんは、普段は呼吸を、鼻からしていますか?それとも口からしていますか?

そう言われると、はっきりとは皆様わからないと思いますが、口で息をするのか、鼻で息をするのかでは大違いです。

結論から言うと、口から息をすると、お口のためには良くないことが多いです。

まず、虫歯になりやすいです。口で呼吸すると、口が乾燥し、本来の唾液の量が少なくなります。唾液には、歯を硬くする再石灰化作用や、口の中の汚れを洗い流す作用や、抗菌物質によって、粘膜等を保護する作用や、細菌の繁殖を抑える干渉作用などがあります。唾液が少なくなってこのような機能が少なくなると、歯の周りに虫歯菌が残存しやすくなり、また汚れもこびりつきやすくなります。当然、これらが増殖すると虫歯になりやすいので、口呼吸と、虫歯になりやすさは大きな関係があるのです。

また、口が乾燥することによって、歯周病菌も増殖しますので、歯肉が腫れたり、口臭の原因になったりと、口の中の環境は悪くなる原因となります。

また、口呼吸を行っていると、口の周りの筋肉との相関から、歯並びが悪いことが多く、歯と歯が重なっているところでは、歯磨きがしにくく、結果として虫歯になりやすいと言う結果となります。

自分で出来る虫歯チェック方法

とはいっても、自分が口呼吸を行っているかどうか?と言うのは自分ではわかりにくいかもしれません。口呼吸を行っているの下の特徴としては、

  • ・無意識に口が半開き状態になっている
  • ・前歯が飛び出している
  • ・唇が乾燥している
  • ・朝起きた時に喉に痛みがある
  • ・唇を閉じた時に、唇周りにしわがよる

 

口呼吸の治療方法

また、口呼吸を治す方法ですが、原因によっても治療法が違ってきます。鼻が詰まっていて鼻で呼吸ができないと言う方は、まずは耳鼻科にて鼻づまりの原因を直すことが必要です。

しかし鼻で呼吸してみても、普通に呼吸ができる方の場合は、お口のまわりの筋肉の緩みによって口呼吸になっている可能性がありますので、この場合は意識して鼻で呼吸するように努力したり、テープなどで上下の唇を止めて筋肉を鍛えていくと言う方法もあります。最近ではそのような予防グッズも販売されているようです。また、あいうべ体操という体操などで、お口のまわりの筋肉を鍛えるのも1つの方法です。

口呼吸は、お口の中の病気だけではなく、ウイルス性の風邪などの予防にも役立ちますので、ぜひ改善にトライしてみてください。

初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ