最新NEWS

2021.04.20

虫歯が原因?肩のこりがひどくなる理由は歯痛にあった

患者さんに、肩こりをするんですが、これって歯が原因なのでしょうか?
と言う質問を頻繁に受けます。

本日は、肩こりと歯の関係についてお話ししたいと思います。

肩こりは、何らかの理由で、頭を支える肩や首の筋肉の血行が悪くなり、痛みを起こす状況だと言われています。

人間は言うまでもなく二足歩行しており、特に、首や肩、腰に負担がかかりやすいのだと言われています。

また、肩の筋肉、頭を支える首の筋肉、それと、我々が日頃顎を動かしたりものを噛んだりする筋肉は、密接につながっており、噛み合わせが原因で、顎の筋肉のバランスが悪くなり、ひいてはそれが肩こりの原因になる、といった事は充分考えると思っています。

実際、奥歯がなくなった人に、入れ歯やインプラントを入れたりすることで、肩こりが軽減されたり、姿勢が良くなった、といった声はよく耳にします。これは、多くの歯を失った場合ですが、多くの歯を失う前に、まずは、一本の歯を失うことから始まります。

1本の歯を直さず放置していると・・・

横の歯が傾いてきたり、歯周病になったりして、噛み合わせが崩れてきます。多くの場合、噛み合わせが低くなったり、ずれたりします。

また、当然歯が無いほうの顎では、物が食べにくいので、ついつい噛める方ばかりで顎を使うことになり、筋肉のアンバランスが起きてきます。このような事は、1日2日では起きませんが、長く放置することで、数年かけて徐々に悪化していきますので、いちど悪くなってしまうと、改善には非常に時間と、費用もかかってしまいます。

ですので、まず一本の歯でも、痛みや、ぐらつき等の異常が見られましたら、早めに歯医者等の専門家にご相談されることをお勧めします。
しかし、咬み合わせ治療は、非常にデリケートなものです。口の中で、0.1ミリの高さを調整すると言う事さえ、非常に大きなことと言えます。

当院の咬み合わせ治療

当院では、噛み合わせを治さないといけない場合、まず、お口全体の歯型を石膏模型や3Dプリンター模型に起こし、詳細に分析します。

その後、できるだけ元の状態に戻せる方法での治療を模索し、次に仮歯によって一定期間状況を見た上で、患者さんの症状を見つつ、ご相談しつつ、ご納得いただいた上で最終の治療に進んでいきます。

肩こりの原因が、すべてお口である、とはもちろん限りませんが、当院では、お口の中から、できる事はしていきたいと思っておりますので、お悩みの方は以降遠慮なくご相談いただければ幸いです。

LINE情報 小室歯科オリジナル分割払い 初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 地域連携室(訪問歯科) 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ