最新NEWS

2021.05.11

知らないと怖い病気、歯周病ってなに?最速で歯周病検査が可能です!

知らないと怖い病気、歯周病ってなに?最速で歯周病検査が可能です!

こんにちは!歯科衛生士のKです。

今回は【歯周病】についての記事を掲載しています。

歯科衛生士といえば歯周病!重要な分野ですが、簡単に表すことができず書けば複雑になり中々伝わりにくいので今まで書けずにいました。
歯周病 よく耳にする言葉です。

正しく付き合えば恐れることはない病気ですが
知らずに放っておくと歯を失ってしまう怖い病気です。

たかが歯。なんて思わないでください(´;ω;`)

歯がなくなると生活でどのような変化が起きるのでしょう。

  • 話しづらくなる
  • ご飯が食べにくい→消化器官に影響が出る
  • 噛めなくなる→認知症などにも関係してくる
  • 噛み合わせが悪くなり他の歯もドミノ倒しのように悪くなる可能性が高い
  • 顔にシワやたるみが出てくる
  • 治療費がかかる

想像してみてください。日常生活にこのような変化が起きると見た目、機能面の問題のみならず心身にも影響が出てきます。

歯周病はかみ合わせの力の負担がかかったり、磨きにくい奥歯からなりやすいです。

そして、大事な奥歯を歯周病で早期に失ってしまい保険治療のブリッジで治したとすればその後の負担に耐え切れずダメになってしまう可能性は高いです。(部位にもよりますが)

インプラントも必ず行えるわけではありません。
骨の状態や部位にもよります。

さらに歯周病菌は独特の臭いを放ちます。
ポルフィロモナスジンジバリスという細菌ですが(p.g菌)特有の臭いです。

臭いの消し方と検索されることも多いですがサプリなどでは難しく原因を治療していく他ないと思います。

こうなると対人関係にも影響が出てきますね。
たかが口の中、歯の病気が全身疾患につながったり、対人関係であったり生活に影響を及ぼします。

無視できない存在です。
では歯周病とはなんでしょう。

歯周病はなぜなるのでしょうか。

先にキーワードを言っておきます。
【歯周病菌】と【免疫】なんですね。というのも

じつは歯周病菌って誰もが持っている菌です。
免疫とのバランスを崩してしまったときに悪さをしだす。

そんなイメージで構いません。

身体を守ってきた免疫も、口の中の環境が悪くなってきて悪い歯周病菌が増えだすと、菌に加勢して歯の周りの組織を攻撃しだし、

それで骨を溶かし歯をぐらつかせます。これが歯周病。

体調が悪かったり、歯磨きをしなかったりすると歯茎が腫れてきます。健康な人だと歯茎は1~2mmですが腫れてくると歯茎は4mm以上の深さになります。

するとポケットを形成します。

プラークにより歯茎の細胞が壊され亀裂が出来ます。

亀裂の間に細菌が侵入し、繰り返されることで歯茎がどんどん下がります。

歯周病菌は空気が嫌いなので空気に触れないようどんどん歯茎に下へ潜り込みます。

歯茎の下の骨を破壊し、歯はぐらつきいずれ抜け落ちる

こういった悪循環を繰り返します。そして体内に侵入し

認知症や心筋梗塞、誤嚥性肺炎、糖尿病、不妊症などに関係します。

治療はセルフケアだけでは難しく、衛生士と二人三脚で治療していく必要があります。

治療し、セルフケアを見直せば安定する病気です。

うまくコントロールすれば臭いもかなり減少できます。

 

お一人で悩まず共に頑張りましょう!

そして当院ではたったの45分で歯周病菌(先ほどのp.g菌)を検出できる検査を受けることが可能です!

 

今までは検査費用も高く、結果を知るのにも長く時間がかかっていましたが

当院でなら45分で自分の口の中にp.g菌がどれほど存在しているかが分かります。

 

検査もとても簡単ですのでご安心ください!

仮に多く検出されても案ずることはありません。

そこはプロにお任せください♪

 

気になる方はお電話にて、歯周病検査がしたいと申しつけください!

 

当院は常に最先端の機械を取り入れ、患者さんへご提供していきます!

医療とは日進月歩であり、新しいことを勉強し続け、最新テクノロジーを使いこなすことも

医療従事者には必要な技術だと思っています。

うまく対応して少しでも患者さんへ還元していけたらと思います。

 

歯周病と診断された方の気持ちを不安から安心に変えていきたいです。

 

ありがとうございました(*^-^*)

 

LINE情報 小室歯科オリジナル分割払い 初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 地域連携室(訪問歯科) 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ