最新NEWS

2021.11.21

コロナ禍のオーラルケアについて

こんにちは。歯科衛生士のKです。

今週頭にNHKでオーラルケア特集がされていましたね!

正しいブラッシング方法や歯間ブラシフロスの使い方についてはあまりテレビでも放送してないように思います(CMとかでも汚れがごっそり取れるイメージの絵だけですよね)

肝心の使い方に関してこうして1時間も特集が組まれているのは同じ歯科医療従事者として嬉しい事でした。

今回はNHKで放送されていた内容について記載していますのでご覧ください♪

コロナ禍でのオーラルケア特集とのことで新型コロナウイルスに感染して重症化した割合が歯周病があった方は何と5.6倍であったそうです。

これは研究結果も出ています。コロナウイルスだけでなくインフルエンザの感染リスクも高めます。

歯周病菌が出す酵素が粘膜を傷つけウイルスが侵入しやすくなり、そこに慢性的な歯茎の炎症があると炎症物質が産生されウイルスによる感染を促進されます。

手洗い、うがい、お口のケアまでワンセットにして取り組みましょう!
(お口のケア方法に関して下記に記載あります♪)

そして歯周病菌は歯茎だけに潜んでいるわけではなく実は舌の上にも多く生息しています。
皆さんは舌磨きはしていますか?

舌磨きに大切なポイントは舌ブラシ選びだと思います。

舌ブラシの選び方の方法は歯ブラシのように毛の長さがあるものです。
舌はよくみると凸凹があるためシリコンのものや平坦な毛のものでは汚れは取り切れません。

写真のように毛の長さがあるものだと凸凹のところにも届きますね。動かし方はテレビでも言っていたように奥から手前にかき出すように使いましょう!
(意外にも歯科衛生士の国家試験でも舌ブラシの動かし方は出てきます!)

但し、やりすぎは危険です。

粘膜を傷つけちゃうと余計に汚れがつきやすくなるので私が患者さんに指導するときは『毎朝15秒から30秒程度、白っぽい汚れがとれる最低限に力で構いません』とお話しています☺

鏡の前でベロンと舌を出して目で見ながら行ってください!

後は、

歯磨きの仕方についてですね。
  1. 歯磨き粉の頭分くらいしっかり歯磨き粉を載せる
  2. 口の中に入れたらまずは全体に塗り込む
    (もしくは虫歯になりかけているところがあると言われたらその歯から)
  3. 歯と歯茎の境目を磨く
  4. 磨けたら大さじ1杯程度の水で口を軽くゆすぐ

私は軽く手ですくったくらいの量だと言っっています(^^)/

要は今どきの歯磨き粉の成分って本当に濃度が高く良いものが多いので唾液と混ざって濃度が薄れない内に歯全体につけてほしいです!!

そして、

次に歯間ブラシ+デンタルフロスですが習慣化されるまでは歯ブラシの前にこの歯間ケアを行う事をオススメしています(^^)/

歯ブラシのみでは60%しか汚れは取れないと言われています。
半分以上取れてるなら良いやんって思っている人、多分お口が臭いかもしれませんね。

歯の間の汚れこそ口臭に繋がりますし虫歯にもなりやすいところです。

デンタルフロスは男性の大きな手だったりするとうまく使いこなせない方もいるのでY字型の糸ようじでも良いです。

でも大量に安く売っているⅠ字型はオススメしません(´;ω;)
歯に入れて(もしくは歯茎の中2㎜くらい入れるとgood)右側に当てて上にかき出します。

その次は、

左に当てて上にかき出します。

白いヌメヌメがついてきたら上手な使い方です!

歯間ブラシは毛がついたもので歯と歯の間に使います。
サイズなどがあるのでこれに関しては定期検診を受診して指導を行ってもらいましょう。

それか動画にまとめます(^^)/()
オーラルケアに関しては様々な見解がありますがこうやって特集組んでテレビでもっとやってほしいですね!

当院でもオンライン相談でブラッシングの指導やブラシの選ぶ方について行っていますので気軽にご相談ください!

https://clinics.medley.life/clinics/601a47d5536c8a76cf63b52f

ありがとうございました♩

LINE情報 小室歯科オリジナル分割払い 初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 地域連携室(訪問歯科) 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ