手術回数を少なく、治療期間を短く

インプラントは、自分の歯のようによく噛め、見栄えも良いし、入れ歯に比べての利点は多いです。
しかし、当院にご相談いただいた患者さんの中で、インプラントを断念される大きな理由のひとつに、治療期間がかかりすぎる、手術を何回もする、ということがあります。

最近のインプラントの性状や手術法の進歩により、このような問題が解決されてきています。一刻も早く物を噛めるようになりたい、そんな患者さんの願いに応えることが出来るようになってきています。
このように手術回数を少なく、治療期間を短くするために当院で行っているインプラントの術式をご説明します。

即時荷重インプラント・早期荷重インプラント

奥歯がなくて噛めなくて困っているので、一刻も早く噛めるようになりたいです、と患者さんは口をそろえておっしゃいます。 しかし、インプラントは、木にねじくぎをねじ込むのとは違い、骨とインプラントが生物学的に結合(オッセオインテグレーション)して初めて機能します。以前は、この過程に早くておよそ3ヶ月、長ければ6ヶ月かかっていました。その間にインプラントに咬合力などの力を加えると、すぐに骨から外れてしまうことが多かったようです。
最近のインプラントの性状の進歩はすさまじく、骨の状態によってはインプラントの手術をして、噛んでいただくまでの時間が大幅に短くなっています。

即時荷重インプラント

インプラントは大きく、顎の骨に埋め込む「人工歯根」、“歯”の部分にあたる「上部構造(人工歯)」、そしてその2つを連結させる「アバットメント」に分かれています。
即時荷重インプラントとは、人工歯根を埋め込んだ際にアバットメント、さらに仮歯までを取り付ける方法です。その日のうちに仮歯を使って食事ができます。その後おおよそ1カ月以内に正式の上部構造を取りつけ、治療は終了です。
ただし、この方法は、すべてのケースで適用できるわけではありません。以下のような条件を満たしていることが必須となります。適用される場合には、その日のうちに仮歯が、また1カ月以内に人工歯が取り付けられるという、大きなメリットがあります。
適用が可能か分からない、他の歯科医院で十分な検査なくできないと言われた、という方は一度ご相談ください。

  • 人工歯根を埋め込んだ際の初期固定が良好
  • 固定の程度を定期的にチェックする体制がある
  • 被せ物の適合が優れている
  • 歯科医による十分な説明と、患者様の十分な理解

※条件には、上記のように、患者様側が満たすべきものと、歯科医院側が満たすべきものがあります。当院では、インプラントの固定の程度を定期的にチェックする体制はもちろんのこと、患者様への事前の十分なご説明を行っております。ご安心の上、ご相談ください。

早期荷重インプラント

早期荷重インプラントとは、人工歯根を埋め込んだ後、8週間程度で仮歯を入れ、おおよそ2カ月後に正式の上部構造を取りつける方法です。

抜歯即時インプラント

歯が悪くて、抜かなくてはならないのは分かっている、でも、治るまで少しでも歯がないことを悟られたくない。特にそれが前歯だったら、特にそう思われるでしょう。また、職業柄、しゃべることが多い方などは、さらに気になられると思います。 歯を抜歯すると、そこには骨の穴(抜歯窩)が出来ます。
これまでのインプラントでは、その穴の大きさとインプラントの形が大きく違うと、うまくインプラントが骨に結合しませんでした。 しかし、最近の技術革新により、抜歯したその日に、インプラントを埋入し、仮歯を入れることが可能なことがあります。 これまでであれば、抜歯を行ってから4~6ヶ月ほど期間を置き、粘膜・顎の骨の回復を待ってからインプラントを埋め込んでいました。
「抜歯即時インプラント」という方法をとれば、抜歯をしてすぐにインプラントを埋入し、全体の治療期間を大幅に短縮することができます。

抜歯荷重インプラントのメリット・デメリット

メリット
  • 治療期間が短縮できる
  • 手術回数・通院回数が減り、患者様の負担が軽減される
  • 審美面でも優れる
  • 費用が抑えられることが多い
デメリット
  • 顎の骨の形、状態によっては適応とならないこともある
  • 歯科医の高度な技術を要するため、どこでも受けられる治療ではない
  • 骨の吸収を予測し、やや深くインプラントを埋入する必要がある
  • 追加で手術が必要になることがある
初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ