CT・コンピュータシミュレーションによる術前徹底分析

小室歯科は術前の診断をしっかりと行います

インプラント治療において大切なことはきちんとした診査を行うことです。
特に骨の『高さ』や『幅』が少ない場合には骨を増大させる 特殊な外科処置が必要になります。また、解剖学的制約(上顎洞、下顎管等)がある、などインプラント手術に際して問題になるケースがあります。
こうした場合、どうしても従来の検査法(パノラマレントゲン、模型等)だけではこれらの問題を十分調べることが出来ません。レントゲンでは、骨の状態を平面でしか見ることが出来ないし、模型も歯肉がある状態なので、その下に隠れた骨の形までは分からないからです。

  • CTとシミュレーションソフト
  • CT

CTについて

当院では、インプラント治療の前には必ずCT検査を行います。

従来の画像検査では捉えることが難しかった骨の厚みや量、神経や血管の位置を正確に把握することができます。これらは、安全性の高いインプラント治療を行うためには、今や欠かせない情報となります。顎の骨がインプラントの埋入・長期使用に十分に耐えられるかどうか、神経や血管を避けてどのように埋入するべきかを予め知っておく必要があるのです。

コンピュータシミュレーション、サージカルガイドの作製も、このCT検査で得られた三次元の立体画像をもとに行われます。

また、即時荷重インプラント、早期荷重インプラント、抜歯即時インプラントなどを検討する際にも、CT検査を経た適切な診断があってこそ、安全性を向上させることが可能になります。

コンピュータシミュレーションについて

コンピューターシュミレーションにて徹底した術前診断コンピュータシミュレーションソフトとは、CTのデジタルデータとお口の中のデータを重ね合わせて分析をするソフトです。

これにより骨の厚みと形態、骨の質、上顎洞や下顎管までの距離、インプラントの長さの判定や角度の判定、移植骨量の推測等が出来ます。また3D画像でも骨を見ることが出来るので、十分な術前のシミュレーションが可能となります。

このシミュレーション画像は、術前に実際に患者さんに見ていただいて、ご説明いたします。
最近では、このデータから、顎の立体模型を作ったり、サージカルガイドといって、埋入手術をするときのアシストとなる器具を作ったりすることも出来ます。

当院では、全てのケースにおいて、シミュレーションソフトによる分析を行っております。

インプラント断面

インプラント体を中心とした断面が回転することで、隣在歯との相関やインプラント周囲の骨量と骨質を精度高く診断できるため、より安全な治療計画が立案可能です。

骨質のカラー表示

骨質のカラー表示骨質をカラーリング表示するので、術前に患者さんの骨の硬さを診断できます。そのため、安全かつ骨密度の高い位置への埋入シミュレーションが可能です。

研究用模型の合成

研究用模型の合成口の中に被せものなどの金属が入っていると、アーティファクトという画像のぶれが出てしまいます。
しかし、当院のシミュレーションソフトでは、研究用模型またはCTテンプレートをデータ化し、顎骨CTデータと合成することで金属アーティファクトのないクリアな3D画像を実現しています。

サージカルガイド

サージカルガイドCTデータを利用して、サージカルガイドを作ることができます。これにより、コンピュータ上で計画した通りの方向、位置、深さにインプラントを埋入出来ます。

顎模型

顎模型CTデータを利用して、顎模型を作ることができます。
これにより、術前に骨の形態を診断したり、患者さんに詳しく説明ができます。

歯科用レントゲンとCT・コンピュータシミュレーションの比較

従来の
歯科用レントゲン
小室歯科の
CT/3Dシミュレーション
骨の厚み・量の計測 できない
平面、つまり二次元の画像となるため、骨の厚みや量まで知ることはできません。また、骨の形の把握も難しく、適切な埋入位置を正確に知っておく必要があるインプラント治療においては、十分な安全性を確保できるとは言えません。
できる
3次元の立体画像を撮影できるため、骨の厚みや量、形を正確に把握できます。インプラントの適応となるかどうかの診断、またインプラント治療が決定した後のシミュレーションにおいて、正確な情報を得ることができます。
安全性 低い
骨だけでなく、神経・血管の位置を把握する場合にも、従来の歯科用レントゲンは最適とは言えません。外科的な処置が必要になるインプラント治療、また親知らずの抜歯等におきましても、安全性を担保する十分な情報を得られるとは言えません。
高い
神経・血管の位置を、3次元的に正確に把握することができます。外科的な処置にともなうリスク(出血・神経の損傷)を最小限に抑えることができます。