サージカルガイドシステム

より正確で精密なインプラント治療を行うために

コンピューターシュミレーションにて徹底した術前診断小室歯科では、インプラントの埋入の際、CTとシミュレーションソフトの組み合わせによって術前の診断を行っております。

これにより、お口の粘膜に隠れた骨の厚みと形態、骨の質、上顎洞や下顎管までの距離、インプラントの長さの判定や角度の判定、移植骨量の推測等が出来ます。また3D画像でも骨を見ることが出来るので、術前のシミュレーションが十分出来ます。これだけでも、かなりの情報量が得られ、手術の安全性が飛躍的に高まるのですが、最近では、コンピュータ上でインプラントを埋入した後の最終的なかぶせ物の位置までシミュレーションすることができます。

当院では、シミュレーション通りにインプラントを埋入するための機器「サージカルガイド」を導入しております。

サージカルガイドとは

サージカルガイドインプラントを入れるには、アゴの骨に専用ドリルで穴を開けますが、その際、先ほどお話ししたシミュレーション通りにドリルの着地点と角度を正確な方向に導き、またドリルがぶれないように保持できないと、シミュレーションの意味が半減します。

サージカルガイドは、ドリルをシミュレーション通りに導くための、医療補助器具です。
サージカルガイドは、CTのデータをもとに精密に作成されます。

サージカルガイドのメリット

正確なインプラント埋入が可能

シミュレーションによる情報があるとは言え、インプラントの埋入は歯科医の手で行うものです。サージカルガイドなしで、術前計画通りに適切な位置・深さ・角度で埋入することは、ほとんど不可能と言えるでしょう。
サージカルガイドは、まるでシミュレーションをそのまま再現するように、正確な位置・深さ・角度でインプラントを埋入することができます。

手術時間の短縮

サージカルガイドは、手術中の歯科医の「インプラントの埋入位置・深さ・角度について考える時間」を不要とし、治療時間の短縮につなげます。もちろん、サージカルガイドそのものが正確に仕上がっているか、ということは手術の前に十分に確認します。
これまで手術中にかかっていた時間を、手術前に移動させることで、手術時間の短縮と患者様のお身体の負担軽減が可能になります。

術後の痛みや腫れを軽減

痛みや腫れは、歯ぐきや顎の骨への侵襲の度合いに大きく左右されます。サージカルガイドの使用により、低侵襲で正確な埋入が可能になり、痛み・腫れを最小限に抑えることができます。

術後のトラブル軽減し、インプラントが長持ちする予後に

シミュレーションは、その方にとっての理想的なインプラントの埋入位置・深さ・角度を提示してくれます。
そのため、シミュレーションデータをもとに作られたサージカルガイドを使用することで、限りなく理想に近い埋入が可能になります。これは、インプラントの機能性だけでなく、安定性、管理のしやすさを長期にわたって維持することに直結します。
サージカルガイドの活用は、手術中や手術直後の安全性に加えて、インプラントを使用した患者様の将来的な安全と安心を守ることになるのです。

初めての方へ 当院の予約方法
について メールで相談したい方はこちら 矯正診療日のお知らせ 歯科医師卒後臨床研修医を志す先生方へ