インプラント 大阪【小室歯科】近鉄あべのハルカス診療所 天王寺 阿倍野 ミニインプラント
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
大阪 歯科 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科
院長略歴、ごあいさつ
診療システム
スタッフ募集
歯科医師卒後臨床研修を志す先生方へ
通院にあたって
小室歯科の活動
院内ツアー
院内設備
予約
休診日など、お知らせ
English
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
入れ歯
  金属床義歯
  ノンクラスプデンチャー
  アタッチメント義歯
インプラント
  ミニインプラント
  ショートインプラント
  CT分析
デンタルエステ
  オールセラミック治療
  ラミネートべニア
  PMTC
ホワイトニング
矯正歯科
  インプラント矯正
  デーモンシステム
  ムーシールド
  マウスピース矯正
歯科用CT
セレック
予防歯科
アンチエイジング歯科
歯科人間ドック
スポーツマウスピース
  アーマーバイト
静脈内鎮静法
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
求人サイト
入れ歯
インプラント専門サイト
歯列矯正専門サイト
小室歯科公式ブログ
院長ブログ
インプラント最新情報
歯列矯正最新情報
大阪 阿倍野区 歯科 天王寺 歯科 小室歯科 
QandA
TOPICS
リンク
サイトマップ
QRコード対応の携帯電話でご覧ください
失われた歯が、よみがえる
歯を抜いた後、欠損した歯を補う方法としては、これまではブリッジや入れ歯などが一般的でした。しかし
ブリッジにしたら、虫歯でない横の歯まで削るといわれてしまった
ブリッジの歯がない部分に物が挟まる
長年使っていたら、ブリッジの土台の歯がむし歯でやられてしまった
入れ歯は取り外しがわずらわしいし、格好が悪い
入れ歯のバネが入る歯が次々にぐらついてくる
などの理由で、十分に満足されていない方もおられるのではないでしょうか?
この様な、これまでのブリッジや入れ歯の欠点を補うのが、インプラント治療なのです。
小室歯科、インプラント・入れ歯専門ホームページ開設!こちらもご覧ください!
インプラント(人工歯根)治療
インプラントとは、失われた歯の根の部分の代わりをするチタン製の小さな人工歯根のことで、これを顎の骨の中に入れ、その上に人工の歯をしっかりと固定するという治療法です。インプラント治療によって歯の欠損を修復すると、取り外しの入れ歯の異物感から解放され、もとの自分の歯とほぼ同じようにものを噛むことができます。
 
また、歯が一本もない場合にもインプラントで義歯がしっかりと固定され、従来の入れ歯でよく問題となった「すべり」や「ずれ」による食物の介在による痛みも解消されます。インプラント義歯によって噛む能力(咀嚼機能)が回復すると、バランスの取れた食事もとれるようになり旅先や人前においても気兼ねなく食事や会話が楽しめます。
インプラントの利点というと、この様になります
1. 自分の歯と同じようにしっかり噛める
2. 取り外しの必要がない 臭くなりにくい
3. 隣の歯を削る必要がない、さらに隣の歯に負担をかけない
4. 自分の歯と同じような色や形に仕上げることが出来る
ブリッジ 入れ歯 インプラント
支えとなる歯を削ります 咬んだ感じが不十分になりやすい ブリッジや入れ歯の欠点を補います
小室歯科のインプラント治療に関する最新情報は、こちら
小室歯科でのインプラント治療
丁寧なカウンセリング、詳細な診断
インプラント治療は、最近の材料、技術の発達のおかげで、どんどん植えることのできる人が増えています。 しかし
インプラントを植え込むだけの顎の骨がない人。
極度の心臓疾患や糖尿病、肝臓、腎臓などの重い病気を持っている人。
治療後の口腔衛生管理のための定期的な来院が不可能な人。
に当てはまる人には、インプラント治療は受けられません。
当院では、担当歯科医師が治療を始める前にあらかじめお口の中の状態、全身の状態を十分診査し、患者さんと話し合いながら、治療を進めていきます。
 
診断に際しては、最新のデジタルレントゲンを使用し、必要であればCT撮影も行いますので、安心、確実に施術できます。
また、CT撮影の結果に関しても、コンピューターシュミレーションソフトにより分析し、患者さんにご説明いたします。
CTとコンピューターシミュレーションについての詳しい説明は、こちら
様々なご希望に合わせて、様々な治療法をご提示します
一口にインプラント治療といっても、現在では治療法が進歩し、様々なインプラント治療法が存在します。また、患者さんのご予算や、ご希望(従来の治療のどの部分が気になって、インプラントを希望されているのかということです)によってベストのインプラント治療は違うはずです。もちろん、インプラントをせずに直したほうが、患者さんのご希望にそうこともあるのです。

したがって、小室歯科では、出来るだけたくさんのインプラント治療計画をご提示し、患者さんとの相談の上、最適な方法を探っていきたいと思っております。
 
例えば、下の顎の総入れ歯は、内側に舌があるため、どうしてもがたつきがあり、“よく噛めない”、“よくしゃべれない”などの悩みをもたれる方が多いです。そこで、インプラントを利用して、こういう悩みを解決してほしいとおっしゃる方は、たくさんおられます。
 
しかし、インプラントをしようとしても、総入れ歯の人の場合、骨が少なかったり、たくさんインプラントを入れるため手術が大掛かりになったり、費用が高額だったりと、しり込みされる方も多いのも事実です。
そこで、そのような方に、小室歯科ではミニインプラントというものを使用しております。
ミニインプラントについての詳しい説明は、こちら
長年のデータにうらずけられる信頼のインプラントシステムを使用
せっかく入れたインプラントができるだけ長持ちするように、当院では数あるインプラントシステムから、長年の文献的データより、全世界で数多く使用され信頼できるインプラントシステムを採用しております。
 
 その理由は、
@ 世界でシェアーが高いということは、当然これまで多くの歯科医の信頼を得ているということですので医学的に信頼性が高いということです。
 
具体的には、骨とのなじみ(結合)が強固で、長続きするという文献データがあるインプラントを使用しています。
A 患者さんの中には、お仕事などで出張、転勤が多いかたも多いと思います。また、皆さん必ずしも小室歯科に将来にわたって通院いただける場所にお住まいだとは限りません。
 
もし、旅先でインプラントが壊れたり、遠くに引越しした時、近くに同じインプラントを使用している歯医者さんがおられればそれだけで安心だからです。
カウンセリングからメンテナンスまで、一貫して担当医が担当
インプラントの患者さんに限ったことではありませんが、初診から手術、治療後のメンテナンスまで、同じ担当医が担当させていただきますので、安心です。
Copyright(c)2005 Komuro Dental All rights reserved.